• レーザーフェイシャル
  • ルートロトーニング
  • Qスイッチヤグレーザー
  • フォトフェイシャル
  • ケミカルピーリング

ケミカルピーリング

  • ・しみ
  • ・にきび
  • ・にきび痕
  • ・くすみ
  • ・色調改善

ケミカルピーリングとは

フルーツ酸などの酸を使い、皮膚表面および毛穴の角質を剥離し新しい角質を再生させる治療です。

フルーツ酸の中でもグリコール酸は、コラーゲンの合成促進や美白といった効果をもつため、美しく再生された皮膚はとてもみずみずしく張りが出てきます。

にきび、ニキビ痕の気になる方には、抗炎症作用、角質溶解作用のあるサリチル酸を用いたサリチル酸マクロゴールピーリングがお薦めです。ニキビの炎症を鎮め、古い角質や角栓を融解することで、肌の新陳代謝を促進して、なめらかな新しい皮膚を再生させます。

方法

グリコール酸などのピーリング剤を適量、肌の状態を診ながら数分間塗布します。メスを使わず、最も簡単で安心な方法で肌の角質除去ができます。1回の施術時間は30分程度です。

回数

グリコール酸では、2~3週間おきに5~6回を目安に行います。
サリチル酸では、3~4週間おきに5~6回を目安に行います。

ピーリング前の注意事項

ピーリングの2~3日前より顔ぞり、スクラブ洗顔、はがすタイプのパック、マッサージなど皮膚の表面を傷めるようなスキンケアは避けてください。
ディフェリン(ニキビ治療薬)をお使いの方は1週間前から使用を中止してください。
肌のひりひり感が残っている間はピーリングは避けてください。
風邪や鼻炎などで鼻のまわりが、赤くひりひりするなどの症状があるときはピーリングを避けてください。
ピーリング剤を塗ったときに一時的にピリピリ感やむずがゆさを感じることがあります。風を送ることでピリピリ感は治まりますが、痛い場合は我慢せずに看護師に申し出てください。
施術前にお化粧は落としていただきます。また、施術中にも洗顔していただきますので、髪の長い方は髪をまとめるゴムなどをお持ちください。マスカラやつけまつげなど落とすのに手間のかかる化粧は控えてください。

ピーリング後のケア

グリコール酸では、ピーリング直後よりお化粧可能です。
サリチル酸では、ピーリング当日はお化粧できません。洗顔、洗髪も行わないでください。翌日より平常通りのお化粧をしてください。
ピーリング後は、一時的に角質が薄くなり、肌が紫外線の影響を受けやすくシミもできやすくなりますので日焼けは絶対に禁物です。日にあたることを避け、日焼け止めクリームを使用してください。また、スクラブ入の洗顔料も禁止です。
治療中に肌がかさつくなど以前より肌の状態がわるくなることがありますが、一時的なものです。御心配でしたら、必ずご相談ください。
ピーリング後のホームケアとして、高浸透性ビタミンCローションを使用されるとニキビ、毛穴、シミ、小じわなどにより効果的です。ご希望の方はご相談ください。また、日頃お使いの日焼け止めをお持ちでない方もお気軽にご相談ください。

以下の方はピーリングを避けてください。

  • ・日常的に紫外線に数時間以上あたる方
  • ・4週間以内に顔の単純ヘルペスになられた方
  • ・2週間以内に顔ぞりまたは脱毛処理をされた方
  • ・妊娠・授乳中の方
  • ・敏感肌の方
  • ・4週間以内に顔面の手術をされた方
  • ・ケロイド体質の方

料金表

症状・目的 使用薬剤 料金
にきび、にきび痕の治療に サリチル酸マクロゴールピーリング
(高濃度ビタミンCローションパック付き)

4,900円/回
背中または胸
7,200円/回

※ケミカルピーリングは保険適応外です。